異世界日記 『第四部 見習い日記学舎編』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ■本家サイト作者ブログはつせの世界メール

2004-05-19

「それにしても、今のはなんだ?なんか、魂ごと吸い取られそうな勢いだったけど。」

貧血に似た目眩が収まって、姉御に伺いを立ててみる。

「うむ。どうやらそなたの幽体が大きすぎたようでな。装置が過剰に反応して霊体も吸い始めたのだ。実に危なかった。」

なんだと?

うんうんと頷いて続けるスカアハ

「妾が気づいて止めてやった故、心配いらぬ。まぁ、普通のものなら死んでおったが、そなたは運がいい。」

アハハと笑うが、目が完全に泳いでいる。

「おいおい、運がいいじゃねぇだろ。」

「お、男が細かいことを気にするでない。器量を疑われるぞ。」

もう少し文句を言ってやろうとしたところで、問題の悪魔合体装置が、チンと音を立てた。

スカアハとオレが目を向けると、一枚のが吐き出されるところだった。

「ほれ。結果が出たようだ。」

これ幸いとを手に取る姐さん。うまいこと逃げやがった。

フムフムとそのをのぞき込んでいるスカアハの手元をのぞき込む。

なんだか見慣れない記号が並んでいる。

「あー、読んでくれないか?」

「そうであったな。まだ読み書きは教えておらなんだ。」

というわけで、スカアハに頭から読み上げて貰う。

幽体転写式神体計測器【読み取るんです4号】 検査結果

神性:神魔混合 ケルト/妖精族

属性:中立-善

神位階:A+ 英雄神

基礎神体能力:筋力15 知性13 信仰8 敏捷性16 耐久力18 運18

技能種別:武技(剣、槍、弓、投剣、弩、徒手)、魔術精霊魔術呪術、儀式魔術、錬金術)

     運動能力(跳躍、騎乗、操船)、交渉能力(言いくるめ、取引、話術、組織運営)

     技術/知識(火薬、鍛冶、機械、数学)

耐性:衝撃に強い。痛みに強い。幻術に強い。魔法全般に弱い。

寿命:1000年以上

その他:繁殖能力極めて高し

…………なんじゃそりゃ。

作りかけのTRPGキャラみたいだな。

っていうか、繁殖力ってなんだよ。オレはダビスタの種馬か、オイ!

「なぁ、こんなイカレた機械信用できんのか?」

オレがいうと、怪訝な顔でスカアハはオレを見る。

「だってよ。いきなり魂ごと吸い込んで人のこと殺しそうになったりするし。それに、たったあれだけ調べただけで、こんなに何もかも判るなんておかしかないか?」

「何を言っておる。死にかけるような装置でもなければ、この短時間にそなたの資質をこれだけ明らかには出来まい。」

「……。」

ぐぅ。納得いかないぞ。特に繁殖力は。

だいたい、元々死ぬような機械じゃないって言ってたじゃねーか。

「しかしなぁ。」

「黙るがよい。そなたは魔術の初歩も知らぬ新参者であろう。妾が検査の結果を説明してやる故、なお異存があれば申せ。」

「むぅ。判った。」

んで、頭から説明して貰ったんだが。

スカアハ曰く、オレは文武両道の才能に恵まれているが、最も特筆すべきは、非常にしぶとく頑丈なことだという。普通の人間が死んでしまうような状況に陥っても、高い生命力と持ち前の幸運で切り抜けてしまうだろう、と。

魔法に対する耐性が低いという点は、魔法に対する適切な知識を身につけ、魔術を防ぐ呪物を身につけることで補うことが出来るとか。

……ってさ。そもそもそんな危機に陥ったり魔法をかけられるような目に遭いたくないんですがね。

「ふむ。妾の技を伝える弟子として申し分ないと言えよう。そなたが一人前の武人として身を立てられるよう、存分に鍛えて進ぜる。」

嬉しそうに微笑むスカアハ

非常にステキな笑顔なんですが、どことなく不吉な予感がするのは気のせいでしょうか?