異世界日記 『第四部 見習い日記学舎編』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ■本家サイト作者ブログはつせの世界メール

2006-03-19

「時間は中食までとする。終わった者から先に提出して自由に過ごしてよろしい。」

スカアハ先生がそう曰って、オレ達は一斉に試験に取りかかる。

それにしても、は藁半みたいに灰色がかっているとはいえ、割としっかりしたなのに筆記用具が羽根ペンていうのはイマイチだなぁ。どうせなら黒鉛で鉛筆作れないのかねぇ。とか思いつつ問題を見てみる。

最初のは先ほどの文章題。

これは、簡単に四則演算をして答えを出す。

そういえば、どういうワケだかこの世界でも数字はアラビア数字らしい。教わったアローン語の文字に合わせて角張っていたりするが、基本的にアラビア数字であることには変わりない。サクッと筆算して答えを書き込む。

次の問題は幾何の問題だった。

『4フィートの植木を支えるために、梢と地面の杭を5フィートの縄で真っ直ぐに弛み無く結んだ。杭と木の根本の間は何フィートか。』

直角三角形の底辺を求める問題だが、よく考えたらこれ、三平方の定理を知らないと簡単には解けないんじゃ無かろうか。

ちょっと理不尽を感じつつ、『3』と書き込む。

次の問題はこんなのだ。

魔術の行使には魔素の集中、密素の結合解除とあともう一つの操作が必要である。それは何か答えよ。』

…………。

イヤ、魔術とか分かんないから!

でも、空欄なのも何だか悔しいので、適当に埋めてみる。

『目標指定』

まぁ、アホでも努力したと思ってくれるだろ。

そして次の問題。

『六大魔術を全て挙げよ。』

………………。

だからどーしろってんだよ!!

『ファイア、サンダー、ブリザド、バイオ、ケアル、グラビデ』

なんか、すげぇダメ人間の臭いがするが、空欄よりマシだと思おう。

気を取り直して次の問題。

アサ神族の治める土地の名前を三つ書け。』

………………………………・

むぅ。なんかあんまりだと思わねぇ?

腹立ちがかなり高まってきつつもベストを尽くすことにする。

『アスガルド、ニブルヘイム、ヨツンヘイム』

まぁ、北欧神話系の地名だよな、確か。意味覚えてないけど。

さ、次!

アローン全土で捕れる魚のうち、収穫高の多い魚上位三種を挙げよ。』

………………う、むぅむぅ。

『アジ、イワシ、サンマ』

しょうがないので喰いたい魚を書いてみました。

残り二問。

ポンメル王国ソルメール王国が戦った1201年の戦いは何処で起こったか。』

ヌァザダヌ神族を率いて戦った巨人族の名を書け』

いや、これはいじめだから!!

半泣きになりつつも、一応答案は埋める。それがオレのジャスティス。

『イッソス』

『ギガンテス』

……ふ。自分の才能が怖いぜ。

さ~、作文書こうかなぁ。