スカアハ

スカアハ

西海の影の島の領主にして、武芸と魔術に秀でる女神。

「影の貴婦人」「影の女王」などと呼ばれる。

彼女は400年ほど前にこの世界にやってきた渡り神であるが、諸芸を多くの若き渡り神に教えて来たことから、「英雄の姉」「神々の教師」とも呼ばれ、今でも教えを請うものが海を渡ってやってくる。

スカアハの名は、古代ヨーロッパの民族ケルト人の神話に登場する女戦士の神からとって付けられた。