スカゲラク

スカゲラク

スカアハに仕える鍛冶屋の巨人

2m以上の巨体だが、巨人族の中ではとても背が低いため、「小人」と呼ばれることが多い。

鍛冶神バルカンの弟子であり、主に武器や防具の加工に長ける。が、野鍛冶や鋳物師みたいな農具や生活用品の加工も任されることが多い。


命名は、バルト海から北海の出口に当たるノルウェー~デンマーク間の海域、スカゲラク海から。