この世界でといえば、和に近い目の粗い手漉きのである。

製法はあまり伝播しておらず、産地が限られるため、高価な通商品目として扱われる。

普及率はいいとは言えないので、羊皮紙や木簡、パピルスなども併用されている。